初心者でもトライしやすいブルーベリーの育て方のポイントまとめ

すくすく育つ秘密をリサーチ!

ブルーベリー

コツを押さえて元気に生長

ブルーベリーを順調に育てるためには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。病気予防に効果的な対策など、美味しく果実を収穫するために大切なポイントをチェックしていきましょう。

READ MORE

気をつけたい栽培の特徴

園芸用品

土と水やりが重要

ブルーベリー栽培の最も基本的なポイントとしては、酸性の土で育てる点にあります。また、定期的に水やりを行なって、決して土を乾燥させないように注意します。その他、日当たりの良い場所で育てることも大切です。

肥料のポイント

目安としては、春に芽が出たときと、6月頃、9月頃に肥料を与えます。暖かい地域であれば、10月まで追肥した方がいいでしょう。凍害の影響がないように注意を払います。ブルーベリー専用の錠剤肥料などが手軽で便利です。

剪定は

7月前半頃に、新しい梢を摘芯して側枝の生長を促します。3年生の苗木であれば冬に株元の枝を剪定します。植え付けから3年以内であれば、剪定せずに主幹を生長させるようにするのもよいでしょう。

1年を通して楽しめる

ブルーベリー栽培は家庭菜園初心者でも始めやすい果物です。春には可愛い花を咲かせ、夏には収穫、秋は葉っぱが色づきます。鑑賞用としても楽しめますし、もちろん美味しく食べることができて人気が広がっています。ベランダでも育てることができるため自宅に庭がない人でも安心です。

食べて美味しい&健康に良い!嬉しい効果ランキング

no.1

瞳に優しい

ブルーベリーは健康成分であるアントシアニンを豊富に含みます。このアントシアニンは瞳を健やかに保つ効果があり、疲れ目やドライアイ、老化など目のトラブルを抱える人におすすめの栄養となります。

no.2

アンチエイジング

ポリフェノールやビタミンEがたくさん含まれていまるため、アンチエイジング対策にもピッタリだといえます。また、食物繊維も豊富なので、腸の働きを活発にしてくれる効果も期待できるでしょう。便通をスムーズにするときにも役立ちます。

no.3

ジャムで食べやすく

ブルーベリーは酸味があるため、砂糖を加えてジャムに加工することで食べやすく利用できます。ジャムにすれば保存も効きますし、お菓子やパン、ヨーグルトなどと一緒に毎日無理なく食べることができるでしょう。

no.4

ドライフルーツに

たくさんブルーベリーを収穫したら、天日干しをしてドライフルーツにするのも得策です。乾燥させているので保存性も高いですし、そのまま食べてももちろん美味しいです。カレーの隠し味など、料理にも活用できます。

no.5

冷凍できる

フレッシュなブルーベリーを冷凍しておけば、いつでも手軽にブルーベリーを楽しめます。解凍してもいいですし、凍ったままアイス感覚で食べるのもおすすめです。ミックスジュースやスムージーを作るときにも重宝します。

楽しく育てるためのお役立ち情報満載【Q&Aコーナー】

鳥害対策に有効なのは?

鳥を近づけさせないためにネットを張ることが効果的です。防鳥ネットは、さまざまなタイプのものが市販されています。鉢植えなど果実の数が少ない場合は、果実に袋や新聞紙などを覆うとよいでしょう。透明の袋は日焼けするので避けましょう。

品種の選び方は?

住んでいる場所によって最適な品種は異なります。暖かい地域であれば、サザンハイブッシュ、ラビットアイがよいでしょう。寒い地域であれば、ノーザンハイブッシュがおすすめです。ホームセンターや苗木ショップのスタッフに相談してから買うようにすれば安心です。

鉢植えですが生長が著しくありません。どうしてですか?

根詰まりを起こしている可能性が高いです。根詰まりをほぐして解消した後に、一回り大きなサイズの鉢植えに植え替えてみましょう。また、ブルーベリーの鉢植えは、1年程育てると根詰まりを起こしやすくなりますので、注意してください。

ガーデニングでブルーベリーを作りたいのですが、注意することはありますか?

土の状態に気を配ることが重要です。通気性や通水性の良い酸性の土壌であることが、健康なブルーベリーの生長には欠かせないポイントになります。穴を掘って適切な土壌改良剤を埋めることで、改善効果が期待できます。

枯れないか心配です…。

水やりを怠ったり、水の量が少なかったりすると枯れやすくなります。そのため、冬季期間以外は水やりを日課にしましょう。また、日当たりの良し悪しも大きな影響を与えます。適度に直射日光の当たる場所で育てて、雑草をこまめに取り除くようにしてください。あとは、愛情もたっぷり注いでくださいね。

【広告】
美味しいブルーベリーの育て方を掲載中
ガーデニングを楽しく始める。

面倒臭い芝刈りは業者にお任せ
綺麗な庭が手に入る!

芝刈りを任せよう!
プロが適正価格で対応する♪

苗を買うなら

ブルーベリーを育てることは、苗を選ぶところから始まっています。園芸店やホームセンターで買うこともできますし、最近ではインターネットの通販サイトで注文する人も増えています。春と秋に購入しますが、品種名をしっかりとチェックして、栽培するエリアに合った品種を選びましょう。

広告募集中